本利用規約は、株式会社Ryeland およびその契約講師が運営する「ライランド プログラミング コミュニティ(以下(RPCという)」の利用についての諸条件を定めるものです。本利用規約に同意いただき、当教室にご入会いただきますよう、お願いいたします。

  • 第 1 条(定義)
    • 「当社」---株式会社Ryeland
    • 「講師」---当社が契約する講師
    • 「当教室」---当社が運営するプログラミングスクール「RPC」
    • 「当教室運営者」---当社および講師
    • 「入会希望者」---当教室の受講を希望する者
    • 「受講生」---当教室に入会を希望し、本利用規約に同意した者のうち、当社が承認をした者
    • 「教材」---当社が受講生に提供する教科書、コンピュータープログラム
    • 「登録情報」---受講生サービスの提供を受ける目的で、入会希望者または受講生が当教室運営者に提供する一切の情報
    • 「個人情報」---登録情報のうち、特定の個人を識別できる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)
    • 「退会」---受講生が、本利用規約及び当教室運営者が定める方法により、登録情報を抹消し、受講生サービスの提供を受けることを終了すること
  • 第 2 条(当教室の概要)
    • 当教室は、プログラミング学習を目的とするスクールです。アプリケーション等の開発を通してプログラミングを学習します。
  • 第 3 条(当教室の利用条件)
    • 入会希望者は、本規約に同意の上、登録情報を通知した時点で、受講生として当教室運営者に登録されます。なお、当該情報に虚偽の情報を掲載してはならないものとします。
    • 受講生は、当教室の授業を欠席する場合には、レッスン開始時間までに電話または電子メール等でご連絡下さい。レッスン開始前にご連絡のあった場合に限り、受講生は振替授業を受講することができます。振替受講の申請は、当社の定める方法により行うものとします。ただし、振替受講希望日の受講人数が超過している場合や、講師の人数が不足している場合等の理由により、希望する日に振替受講できない場合もあります。
    • 当教室運営者は、受講生が本利用規約に違反する場合、またはその恐れがあると当教室運営者が判断した場合、受講生へ事前に通告・催告することなく、かつ受講生の承諾を得ずに、当教室運営者の裁量により直ちに、当該受講生に対して、当教室の受講停止、退会処分、その他当教室運営者が適切と判断する措置をとることができるものとします。
  • 第 4 条(受講料金・お支払・退会・受講内容の変更)
    • 受講生は、レッスン予約前にレッスン受講チケットの購入をする必要があります。
    • レッスン受講チケット1枚で、1回分のレッスンを受講することが可能です。
    • 無断での欠席、遅刻、早退の場合も1回分のレッスンを受講したものとみなし、レッスン受講チケット1枚が消費されます。ただしレッスン開始時間までにご連絡のあった場合に限り、チケットは消費されず、別の日時に振替受講をすることができるものとします。
    • レッスン受講チケットは当社ホームページ(https://www.ryeland.jp/rpc/)に定められています。
    • 受講生は、当社の定める支払方法にて、レッスン受講チケットを事前に当社または講師にお支払いください。なお、銀行振込をご利用の際は、振込手数料は受講生が負担するものとさせて頂きます。
    • 受講途中で当教室を退会する場合は、毎月15日までに必ず電話、電子メール等にてご連絡ください。毎月15日までに退会の申出があった場合、その月の末日をもって退会処理をし、翌月の受講分から受講資格を失効するものとします。
    • 退会に伴うレッスン受講チケットの払い戻しは一切行いません。
    • 退会のご連絡をいただかない場合、自動的に継続受講となります。
  • 第 5 条(登録情報・個人情報)
    • 当教室運営者は、登録情報を、以下各号の目的で利用します。
      1. 当教室の運営(当教室運営者から受講生に対して、あらゆる情報を提供することを含みます)
      2. 当教室運営者が受講生にとって有益だと判断する当教室運営者のサービスまたは、広告主や提携先企業の商品、サービス等に関する情報の提供
      3. 受講生に対する、当教室運営に著しく影響を及ぼす事柄(カリキュラムの大幅な変更、一時停止を含みますがこれらに限られません)に関する連絡
      4. 受講生に個人情報の取扱いに関する同意を求めるための連絡
    • 当教室運営者は、登録情報について、以下各号の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとします。
      1. 当教室の向上、関連事業開発及び提携企業のマーケティング等の目的で登録情報を集計及び分析等する場合
      2. 前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて、第三者に開示または提供する場合
      3. 個人情報の開示や利用について受講生の同意がある場合
      4. 受講生が希望するサービスを提供する目的で、提携先等第三者が個人情報を必要とする場合(なお、当該提携先等の第三者は、当教室運営者が提供した個人情報をサービス提供のために必要な範囲を超えて利用することはできません)
      5. 法令に基づく場合
      6. 当教室運営者、受講生その他第三者の生命、身体もしくは財産、または当教室運営者が提供する一切のサービスの保護のために必要がある場合
      7. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
    • 当教室運営者は、個人情報について、株式会社Ryelandのプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとします。
  • 第 6 条(知的財産権等)
    • 当社が受講生に提供する教材、及び教材を基礎として受講生が作成した成果物に関する特許権(特許を受ける権利を含む)、商標権、著作権(著作権法第 27 条及び第 28 条に定める権利を含む)その他すべての知的財産にかかる権利(以下、総称して「知的財産権」という)は、当社に帰属するものとします。
    • 受講生が受講中、制作したプログラム・イラストを含む成果物及び当教室に関連して制作した成果物に関する特許権(特許を受ける権利を含む)、商標権、著作権(著作権法第 27 条及び第 28条に定める権利を含む)その他すべての知的財産にかかる権利(以下、総称して「知的財産権」という)は、これらの成果物の一部または全部に第三者の知的財産権が含まれない限り、受講生本人に帰属するものとしますが、当教室運営者は成果物を広告・宣伝・出版等の目的で利用する権利を有するものとします。
    • 当教室運営者は、受講生が当教室において投稿、アップロードまたは保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、当教室の円滑な運営、改善、当教室または当社の提供するサービスの宣伝告知等を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、受講生はこれに同意するものとします。
  • 第 7 条(禁止事項)
    • 受講生は、当教室のご利用に際して以下に定める行為を行ってはならないものとします。
      1. 良識に欠ける行為や、品位に欠ける行為
      2. 他の受講生や講師、当社従業員、その他第三者を中傷したり、名誉を傷つけたりする行為
      3. 他の受講生や講師、当社従業員などに対し暴力をふるう等の行為
      4. 商標権、著作権、著作者人格権等の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権等を含む、他の受講生やその他第三者の権利を侵害する、またはその恐れのある行為
      5. 社会倫理や法令に反する行為
      6. 当教室運営者の承諾のない商業行為や勧誘行為
      7. 個人、法人問わず、自らまたは組織等を偽る行為
      8. 宗教団体もしくはそれと同視し得る団体への勧誘、布教、寄付等を求める、またはその恐れのある行為
      9. 教室内の器物・備品を破損する行為
      10. その他、当教室運営者が不適切と判断する行為
    • 受講生が、本条第1項に違反したと当教室運営者が判断した場合には、当教室の受講停止、退会処分、その他当教室運営者が適切と判断する措置をとることができるものとします。
    • 受講生が本条第1項に定める禁止事項のいずれかに違反した場合、当教室運営者は、当該受講生に対し、その行為により当教室運営者が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含みます)の賠償を請求できるものとします。
  • 第 8 条(利用の拒絶)
    • 当社は、受講生が次の各号に該当する場合には、当教室の利用をお断りする場合があります。
      1. 登録情報に虚偽の記載または誤記があった場合
      2. 過去に当教室を受講停止、退会処分になったことがある場合
      3. 未成年者が法定代理人の同意を得ていなかった場合
      4. 反社会的態様で当社サービスを利用するおそれがあると当社が判断した場合
      5. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団関係企業、総会屋、特殊知能暴力集団、右翼団体、過激な政治活動をする集団その他これらに準ずる者。以下、同じ。)に属するまたはそのおそれがあると当社が判断した場合または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等と何らかの交流も敷くは関与を行っていると当社が判断した場合
  • 第 9 条(当教室の運営)
    • 当教室運営者は、以下各号の事由に起因する場合、当教室運営に関する全部または一部を停止することができるものとします。
      1. 当教室運営者が、定期的または緊急に、当教室運営のためのコンピュータシステムの保守・点検を行う場合
      2. 火災・停電、天災地変等の非常事態により当教室の運営が不能となった場合
      3. 戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、当教室の運営が不能となった場合
      4. サービス提供のためのコンピュータシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピュータウイルスの感染等により当教室を提供できない場合
      5. 法律、法令等に基づく措置により当教室が提供できない場合
      6. 当教室運営者が受講生に対し、事前に電子メールその他の手段により、合理的な範囲で周知した場合
      7. その他、当教室運営者が止むを得ないと判断した場合
    • 当教室運営者は、前項により当教室の運用を停止する場合、合理的な範囲で、事前に電子メール、電話、その他の手段により、受講生に対し、その旨を通知するものとします。
      但し、緊急の場合は、この限りではありません。
    • 当教室運営者は受講生に対し事前に通知しまたは受講生から承諾を得ることなく、いつでも任意に、カリキュラムの内容または名称を変更することができるものとします。
  • 第 10 条(傷病等発生時の対応)
    • 受講生は、受講生に持病等がある場合、ご入会時に申告するものとします。また、受講時の介護者の付き添いや持病の薬の持参等、受講生にて必要な対応をするものとします。
    • 当教室運営者は、傷病等発生時における医薬品の服用や医療に類似する行為等は行いません。傷病等が発生した場合、原則として、受講生の帰宅を促します。
    • 当教室運営者は、受講生の持病、身体の故障、障害等により受講中の介助が必須であると判断した場合、介助者の付き添いを要求するものとします。
  • 第 11 条(受講生の安全確保)
    • 当教室運営者は、受講中の受講生の安全管理について十分な注意を払いますが、万が一、受講生に傷病等が発生した場合は、当教室運営者に故意または重過失がある場合を除いて当教室運営者は責任を負わないものとします。
    • 当教室運営者は、スクールへの通学中の安全確保や事故トラブル等の対応について、責任を負わないものとします。
    • 当教室運営者は、教室内での盗難について、責任を負わないものとします。
  • 第 12 条(写真等の撮影及び利用)
    • 当教室運営者は、受講中の受講生の写真・動画等の撮影を行う場合があります。撮影した受講生の写真・動画等は、当教室運営者ホームページや当教室運営者の制作する告知、販促物等に使用する場合があり、受講生は予めこれを了承するものとします。受講生は、写真・動画等の撮影及びその使用を拒否する場合は、入会時に必ず申告するものとします。当教室運営者は、事前の撮影・使用拒否の申告が無かった場合、写真・動画等の及びその使用に、受講生が同意したものとみなします。
    • 受講生は、受講中に、テレビ、新聞、ラジオ、ウェブメディア等の取材が行われる場合があることを了承し、当該取材を拒否する場合は、講師又は取材者に、事前に申告するものとします。当教室運営者は、受講生から申告が無かった場合、当該取材に同意したものとみなします。
    • 受講生は、受講中の写真・動画等を撮影する場合や、撮影した写真・動画等をインターネット等に公開する場合には、他の受講生の顔や個人情報等が写らないようにする、又は、撮影やインターネット上の公開に同意を得て行うものとします。
  • 第 13 条(スクールにおける作品の開発・制作)
    • 受講生は、スクールで制作した作品の完成度は受講生本人の技術レベルによって異なる可能性があることを、予め了承するものとし、当教室運営者は、受講生がイメージした通りの作品ができることを保証いたしません。
    • 受講生がスクールにおいて制作したコンピュータープログラム・イラスト等を含む各種成果物のデータについては、受講生自身で保存・管理するものとし、当教室運営者はその保存・管理に責任を負いません。
  • 第 14条(免責)
    • 当教室運営者は、当教室において、受講生との相互の間において、及び受講生と第三者との間で生じた一切のトラブル(違法または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、当教室運営者に故意または重過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。
    • 当教室運営者は、当教室の受講に起因して受講生に発生した一切の損害について、当教室運営者に故意または重過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。(当教室受講中及び当教室への通学中における傷病・その他一切のトラブルを含みます)
  • 第 15 条(権利義務の譲渡禁止)
    • 受講生は、当教室運営者の書面による事前承諾なしに、本利用規約に基づく一切の権利または義務について、第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。
  • 第 16 条(本規約の改訂)
    • 当社は、随時本利用規約を改訂することができるものとします。
    • 当社は、本利用規約を改訂しようとする場合、電子メールまたは当教室に関するウェブサイト等を使い随時、受講生に告知するものとします。
  • 第 17 条(協議・管轄裁判所)
    • 当教室運営者、当教室に関連して、受講生またはその保護者、当教室運営者、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
    • 本利用規約に関する一切の訴訟その他の紛争については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。
  • 第 18 条(準拠法)
    • 本利用規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。